スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←クリックすると当サイトの順位が上がります。
--/-- --:-- | スポンサー広告
アイドルマスターXENOGLOSSIA 第26話(最終話)「月とペンギン」


最終回。
地球、そして春香のためにインベルと愉快な仲間たちはアウリンを消滅させるべく体を張るのだった。
やよい合流。アイドルのことがばれたが特にスルー。




アウリン の こうげき!
アウリン は メテオ を つかった!
という具合に何話ぶりかのドロップですよ。設定を忘れていたズェ。
エッソーエース聞ーこえたーやっとあーなーたにー聞ーこえたー!!
ここで微熱は反則だろカコヨスギだと思ったがそんなに戦闘シーンも多くなくあまり熱くはならなかった。若干悲しい。
そしてアウリンへ到達。
なんという真×伊織の合体攻撃。間違いなくスパロボ参戦。




なんというインベル×春香のラブラブ具合。間違いなくコックピットで春香オナニーの同人誌待ち。
というか結局愛の力で世界を救うGガンまがいの終わり方なんだが、どうか。
ユキフォーはユキフォーで中途半端だったし、最後の「ダイスキ」なんかダイスケに見えて、そりゃ小野大輔いたけどさぁってな感じになった。まぁ言わずもがな爆笑しましたが。



総評:25話までは神懸かってたが、最後はお世辞にも「見ててよかった」と思える内容ではなかった。
まぁそれなりに楽しめた。真×伊織のゼノグラ同人誌を待つのみ。
というわけで終わり。
スポンサーサイト
←クリックすると当サイトの順位が上がります。
09/26 13:42 | 【アニメ】アイマスXENO(完) | CM:0 | TB:23
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://hotd.blog55.fc2.com/tb.php/469-eb981612
* トラックバック *
アイドルマスターXENOGLOSSIA 26話『月とペンギン』
アウリンの影響で地球規模の電波障害が発生し、世界各地で異常気象も起こっていました。残された4体のiDOLは、自分達をアウリンに送り込むように言います…。
アイドルマスターXENOGLOSSIA最終話月とペンギン
「ヌービアムのコアを取り込んだ事によりアウリンが不安定に開放されて地球は天変地異に巻き込まれ」「アウリンを安定させる為に春香達はiDOLで最後の出撃をする」「アイドルマスターXENOGLOSSIA最終話月とペンギン」「…最終回ですね」「最終回だな」「インベル達iDOLが...
(アニメ感想) アイドルマスター XENOGLOSSIA 第26話 「月とペンギン」
アイドルマスター XENOGLOSSIA (4 )静かだ・・・世界の崩壊が近づいていると言うのに、ひたすら静かであった。ヌービアムが吸収され、アウリンが開きつつある現状・・・そして、アイドル達は囁き始める。自分達をアウリンへと送り込めと・・・。
アイドルマスター XENOGLOSSIA 第26話 「月とペンギン」(最終回)
アイドルマスター XENOGLOSSIA(ゼノグラシア)  評価:3.0  [ロボット]  テレビ北海道 : 04/02 26:30  関西テレビ : 04/03 26:30~  チバテレビ : 04/04 25:30~  テレビ埼玉 : 04/04 26:00~  TVQ九州放送 : 04/07 27:40~  @nifty : 0...
アイドルマスター XENOGLOSSIA 第26話 月とペンギン
インベルが漢だったわ(*´艸`)
[終]アイドルマスター XENOGLOSSIA #26「月とペンギン」感想
アウリンの安定のために5体全てを吸収させることに真も改心したようでよかった。弥生は無事に春香と合流する事に成功アイドルマスターをしていた事もばらしましたね春香たちはアイドルと共に死ぬ覚悟でアウリンへ飛んでいきますアイドルの生まれた入り口だそうで。淫ベルは
アイドルマスター XENOGLOSSIA 第26話感想
アイドルマスター XENOGLOSSIA 第26話感想いきます。
アイドルマスターXE・Review/26.「月とペンギン」(最終回)
クライマックスに近づき感動シーンを数多く見てきましたが、敵地も滅び、残る今日の話は・・・それぞれのアイドルとの別れ。そして、新たな道へとスタートしていくペンギンのお話です。泣いても笑っても今日が最終回!!さぁ、始めますよ。
アイドルマスター XENOGLOSSIA 第26話 「月とペンギン」 感想
アイドルマスター XENOGLOSSIA 第26話 「月とペンギン」
アイドルマスター XENOGLOSSIA 26話 『月とペンギン』
idolよ永遠に…(´;ω;`)ウッ… インベル達がアウリンを安定させるために自分達がアウリンに飛び込んで安定させると言ってきた最終回。正直途中で視聴してない回もあるのでわからないところが沢山ありましたw idol
アイドルマスターXENOGLOSSIA 第26話「月とペンギン」
ダイスキ――。アウリンへの扉が開かれ、地球に滅びの時が迫る…。インベルたちはその身を犠牲にアウリンを止めるようとする。iDOLとの別れを受け入れられない春香たち…。十六夜寮跡でたたずむ春香の前にやよい
アイドルマスター XENOGLOSSIA 最終話「月とペンギン」
ん~・・・これは駄目だなぁ・・・。真が普通にアイドルマスター課の連中と馴染んでいるのに違和感がある。仲よくしているのは嬉しいのだけど、物事には順序ってのがあるわけじゃないですか。真がモンデンキントを去りトゥリアビータへと裏切ってしまったのはあず....
アイドルマスターXENOGLOSSIA 第26話 「月とペンギン」
★★★★★☆☆☆☆☆(5.5)あああ・・、終わっちゃったよ。最終回だけあって作画は気合が入ってて非常に素晴らしかったです。アクションシーンも迫力があってよかったと思います。うん・・問題は脚本だと
アイドルマスターXENOGLOSSIA 第26話 「月とペンギン」
ヌービアムの消滅によりアウリンが発動、世界に危機が訪れる。残ったアイドル達は自らを犠牲にして地球を守るという意思を示す。春香・伊織・真もアイドルだけを犠牲にはできないと共に向かうことに・・・最終話は意外
アイドルマスターXENOGLOSSIA 第26話「月とペンギン」
この流れだとアイドルが犠牲になって地球が救われるってことになりそうだ。もしそんなことになったら、アイマスで泣かされることになっちゃうかも・・・。けどインベルあたりはまだ女の子とイチャイチャし足り
アイドルマスター XENOGLOSSIA 第26話 「月とペンギン」
 春香は最初のペンギン。 危険の待つ海へ・・・・・群れの生から真っ先に飛び込むペンギン。勇気のある人の事を言う。 アウリンがヌービアムを吸収したことでかえって不安定な状態になってしまった。 このままではアウリンの扉が開き、世界の滅亡が迫ろうとしている。 
アイドルマスター XENOGLOSSIA 第26話(最終話)「月とペンギン」
アイドルマスター XENOGLOSSIA 第26話(最終話)「月とペンギン」
アイドルマスターXENOGLOSSIA【第26話】「月とペンギン」
ヌービアムを取り入れたアウリンは不安定になっていた その影響は地球にまで達し、このままでは世界そのものが壊れてしまうと iDOL達はアウリンの中から押さえ込むといい 春香、伊織、真はそれぞれiDOLに乗ってアウリンへ向かう 終わりよければ全て良し?ということで最終
レビュー・評価:アイドルマスター XENOGLOSSIA(ゼノグラシア)/第26話「月とペンギン」
品質評価 28 / 萌え評価 14 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 0 / お色気評価 0 / 総合評価 7レビュー数 7 件 わたしが生まれたときには、空に月はありませんでした。だから三日月や満月というものを知りません。でも、夜空を飾るコンペイトウ・スノーがとっても
アイドルマスター XENOGLOSSIA 第26話(最終回) 「月とペンギン」
  ヌービアムを取り込み、扉が開きかけたアウリン。 しかし、ヌービアム1体しか取り込んでいないため、状態は 不安定。その影響は徐々に拡大し、いずれ地球全体に及ぶ だろうという予想が立つのだった。 が・・・その危機を回避するため、インベルた....
アイドルマスターXENOGLOSSIA 第26話 月とペンギン
天海 春香インベルがこの星全部のために命を賭けてくれるなら、私一人くらいはインベルのために命を賭けたいんです。うーん。最後の最後はよく分からん展開だったなぁ。これは単なる私の理解
アイドルマスター XENOGLOSSIA 第26話「月とペンギン」
 始まった当初も、元ネタから比べるとトンでもない展開だったけど、終わってみれば、やはりトンでもない方向に行ってしまったような。  アイドルマスター XENOGLOSSIA (1)花田十輝、竹内浩志 他 (2007/07/27)バン
アイドルマスター XENOGLOSSIA 26(最終)話
アイドルマスターXENOGLOSSIAの26話…最終回です。各iDOLと春香達の別れです。ゲームのTHE IDOLM@STERファンとしても少し書かせていただきます。
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。