スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←クリックすると当サイトの順位が上がります。
--/-- --:-- | スポンサー広告
Catch me if you can





物語は一人の詐欺師の紹介から始まる。
彼の名はフランク・W・アバグネイルJr.
両親の離婚を機に家出、航空会社のパイロット名簿を盗み出し、優雅に空の旅。
挙句、換金の為に偽造小切手を作り出し始める。
その後転々と職を変え、FBIから巧みに逃げていく。
16歳から21歳までの4、5年で400万ドル稼いだ詐欺師とそれを追うFBI捜査官の実際にあった話である。





詐欺師役にレオナルド・ディカプリオ、FBI捜査官役にトム・ハンクス、監督はスピルバーグと、映画を知らない私でも聞いたことあるような名前ばかりが出る映画です。
話の流れは、FBIが詐欺師を追って、捕まえそうになったら逃げられ、また捕まえそうになったら逃げられの堂々巡り。
初っ端から学校の臨時教師と嘘をついて教えるところから面白い。
その後ドップリこの世界に入っていた。
いつもギリギリの駆け引きをする2人を、コミカルに描いていて見ていて飽きない。
いつ捕まるのか、逃げ切れるのかと手に汗握って口半開きで見ている自分がいました。

どこか抜けてる捜査官トムハンクスが目暮警部に見えて仕方なかったのは内緒である。




評価 ★★★★☆ 85点

最初から最後まで飽きることなく見ることができた。
ラストはどうなるのか気になって仕方がなくなるし、ラストの終わり方も個人的には好きである。
こんな話実際にあったのかと疑いたくなるが、本当なのだろう。
多少の脚色は加えられていると思うが。
ディカプリオのコロコロ変わるコスチュームもそれぞれ中々キマっていた。

まぁディカプリオそんなに好きじゃないけど。
スポンサーサイト
←クリックすると当サイトの順位が上がります。
スレッドテーマ [ 映画 … 洋画 ]
11/06 14:05 | 映画 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://hotd.blog55.fc2.com/tb.php/49-ecdba8e4
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。