スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←クリックすると当サイトの順位が上がります。
--/-- --:-- | スポンサー広告
第1回大阪メイド喫茶巡り紀行
さて、去る1月30日、わたくしはバイト仲間と4人で大阪日本橋のメイド喫茶に行って参りました。
12時過ぎに日本橋に到着。まずは仲間のうちの一人、通称ユゥちゃんの案内で1件目へ。

登場人物:
Caz(管理人)
H(22)パンピー、中々の好青年
ユゥ(20)オタ、もっさい
ギンさん(33)最年長なのに大分ヤンチャ


↓以下レポ。
1件目 e-maid
まずは、きゃべ焼きの店やa-tooがある通りを奥に進んだところにあるe-maidというお店。
外観、内装はとても気品漂う感じ。メイドさんもチャラっとしておらず大人しめの衣装、そして佇まい。
よくテレビ等で見るメイドとは一線を画した本格派。
ちなみにクレアさんというメイドさんが萌死するほど綺麗です。
惜しむらくはこの日30日の18時からカラオケフェアがあったらしいですが1件目で回ってしまったこと。

ユゥちゃんはオムライスをオーダーし、♥ゆぅちゃん♥ と書かれてました。
ギンさんはミックスサンドを頼み、20分以上待たされてました。


そしてこの後、とらのあな、ジーストア、メロブ、らしんばんとパンピーのHとギンさんに紹介して2件目を探すことに。この時時間は15:00ジャスト
日本橋総合案内所のタッチパネルで斜向かいの「魔法学院カフェ学食アフィリアキッチンズ」に行こうということになったのですが、平日15:30~開店でまだ開いていなかったので違うメイドカフェで時間を潰すことに。



2件目 Cafe de Porte
2件目は案内所の裏手の通りにあるCafe de Porteというお店。
内装は1件目e-maidよりも狭く、25~30席程。喫煙者3人(ユゥ以外)なので奥の喫煙席へ。
メイドさんは皆さんの想像通りの萌え重視のフリフリ衣装。ですがそれが「あぁ、メイド喫茶に来た」という実感に繋がりました。
わたくしはここで遅めの昼食ペペロンチーノをオーダー。非常においしかったです。
そしてここで4人とも2ショット写真をチェキ☆
スキャナをユゥちゃんにあげてしまったので写真はupできませんご了承ください。
ちなみにチェキ1枚300円です。ウサミミとか鬼ツノとか付けて撮れます。
あと店内音楽が石鹸屋とかIOSYSとかが流れててわたくしとユゥちゃんは大興奮&株up。
後で聞いたところによるとメイドさんの1人が東方好きだからかけてたらしいです。



3件目 学食アフィリアキッチンズ
案内所の斜向かいに位置する門をくぐると、そこには古代アフィリア王国に存在する王立アフィリア魔法学院があります。
わたくしたち4人は魔法学院の生徒として入学し、中等部2年のキャストたちと楽しい学院生活を満喫して参りました。
システムが相当凝っていて、まず魔法学院学生証を作成、1000円で1単位、単位を取っていくとランクアップし、ランクに合わせて先輩として敬ってくれるというもの。同時に学生証もランクが上がると同時に変わり(新規作成)、ひとめでどのランクなのかわかる仕様。詳しくは上記HP参照のこと。
ちなみに最初はキャストと同じ中等部の1つ上の先輩が持つホワイトリボンカードと、高等部用ブルーリボンカードが選べ、Hがホワイト、残る3人がブルーを選びました。
キャストさんはわたくし、ユゥ、ギンさん3人は普通に接してくれるのですが、ほぼ同学年(という設定の)Hだけには物凄いタメ口を使っていました。
M気質のあるわたくしとユゥちゃんはひどく興奮していましたが、根っからのS男のHはタメ口とかないがしろにされるのがどうにも耐えられないようで、やり場のない怒りともどかしさを押さえ込んでいました。
キャストさん方は10人ほどおられ、全員が可愛いor綺麗な方々ばかりで、なによりユゥのテンションが上がったのが「全員の髪型が違う」という部分で、まさかの2次オタオンリーからの脱却を果たしました。

ちなみに一番面白かった&また絶対来る!と思えた店舗です。



4件目 Hand Maid Cafe L⇔R
魔法学院の授業が終わり放課後になったので4件目を目指しました。
K-BOOKSの2Fに位置するところに人間界とうさぎの森とをつなぐ扉があり、わたくしたちはいつの間にかその森の入り口まで迷い込んでしまっていたようです。ちなみに入場料は500円です。
そこのうさぎさんは黒い耳を垂れ下げてチャイナ服を着て迎えに来てくれました。後で聞いたとこ、中国の旧正月フェアかなにかでチャイナ服だったらしいです。厨房のうさぎさんは普通の衣装でした。
通されるとそこはかわいいうさぎさんたちが迷い込んだご主人様たちをもてなしていました。すでに思考は麻痺し、何とも思わなくなっていました。
とりあえず森の泉の水(お冷)を飲みながらオーダー。みんなちゃんときたのにまたもやギンさんのスパゲティだけが20分ほど遅れて到着。そしてまさかのスプーン2本を差し出されるといういじめを受けてました。本来なら大クレームですがさすがメイドカフェ、笑って済まされました。わたくしもここで働きたいと思った。真剣に。




時刻は19:00を過ぎたところでこの日は解散し、帰宅しました。
4人とも終始ノリノリでなんとも充実した一日を送れました。
また面子をそろえて行ってみたいです。

総評:メイド喫茶はネタで楽しむものと思っていたが、結構真剣に楽しんだらそれなりに面白い。
風俗やキャバクラなどにハマる人たちの気持ちが若干わかった社会勉強でした。
ご覧の皆様も大阪に行く機会があれば一度行ってみることを激しくお勧めします。
スポンサーサイト
←クリックすると当サイトの順位が上がります。
01/31 22:46 | 日記 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://hotd.blog55.fc2.com/tb.php/755-bb1773b6
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。