スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←クリックすると当サイトの順位が上がります。
--/-- --:-- | スポンサー広告
うみねこのなく頃に 「episode3-7 swindles」


ep3終了。面白かったけど相変わらず早足だなぁと。

わかりやすい(と思う)解説↓
有限と命の大切さを知ったベアトは嘉音の魂を使って朱志香を匿う。
が、そこへエヴァトリーチェに攻撃され瀕死に。
戦人はそんながむしゃらに命を守るベアトを認め、エヴァと対戦することを決意する。
絵羽を犯人と仮定し魔女・魔法を否定していくが、最後の南条殺しでチェックをかけられず涙を呑む。
南条を殺した犯人は人間。島には18人の人間しか存在しない。
絵羽は戦人の監視下にいて、南条を殺すことは不可能。戦人も殺人には関わっていない。
朱志香は目が見えない為、南条を殺すことは不可能。
南条は自殺・事故・トラップなどではなく、人間に正面から直接殺された。
ついでに言うと、最終的な生存者は戦人・絵羽・朱志香の3人である。
手も足も出ない戦人に、ベアトは自分の存在と共に赤で魔女を否定する行動を取る。
否定され消滅した魔女たちは黄金郷へ。
戦人は黄金郷への招待状として署名させられそうになるが、それは魔女を認めるという署名だった。
寸でのところで謎の少女が登場し、今度こそ魔女を否定する為に4度目のゲームへ。
そして12年後の1998年。六軒島の事件を唯一生き延びた年老いた絵羽は、少女に全ての家督を与え息絶えた。
少女の名は縁寿(エンジェ)。戦人の妹である。
縁寿は12年前の事件を唯一知りえる絵羽が死に、絶望し身を投げた。
しかし目の前に現れたベルンカステルが現れ、過去の六軒島に家族が永遠に閉じ込められていることを知らされる。
家族が帰ってくる保障はないが、それを救えるのは最後の魔女、つまり家督を受け取り右代宮当主となったエンジェベアトリーチェだけだと知り、家族を救う為に行動を起こすことになる。


わたくし的には魔女はいないと信じきってるのでepo1、2の謎も自力で解きたいわけですが、今回も難しい。
最後の南条殺しが物凄く謎。生存者は3人で全員が南条殺しに絡んでない。でも犯人は絵羽。
ただ、南条が殺された後に死んだ人間、生存者が赤で宣言されているので、南条が死ぬ前には誰かが生きていて、南条を殺した後自分が倒れていた場所に戻りそのまま死んだという推理も出来るが、その意味も動機もまったくわからない。
ただそう考えると南条が殺されたのは絵羽にとって誤算だったということになる。
戦人の最後の台詞「あんたが犯人だったのか!」は南条殺しも含めて言ったのかどうか。
そして戦人がその謎を解いて殺されたのか、絵羽が自白して殺したのか。まったくわからん。
カーズのごとく、考えるのをやめたくなる作品である。
未だに回答が出されてないのでep6、7あたりに期待。早く冬こいやー。





今週のベアト。
やばいな~、クッソ可愛いなぁ~。
スポンサーサイト
←クリックすると当サイトの順位が上がります。
スレッドテーマ [ アニメ・コミック … うみねこのなく頃に ]
10/29 22:27 | 【アニメ】うみねこ(完) | CM:2 | TB:1
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://hotd.blog55.fc2.com/tb.php/906-8e015e80
* トラックバック *
-
管理人の承認後に表示されます
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。